本当の歯の白さは、浮かせて落とすハミガキ液を使うことが大切! 歯が黄ばんでしまうのは、歯に着色汚れ...

本当に歯を白くすることができる美容液の選び方

本当の歯の白さは、浮かせて落とすハミガキ液を使うことが大切!
歯が黄ばんでしまうのは、歯に着色汚れであるステインが付着しているのが原因です。黄ばみを除去するには、ステインを浮かせて、剥がして落とす成分が、配合されているものを選ぶ必要があります。研磨剤を使用しているものは、歯を傷つけてしまい、余計に汚れやすくなります。白さを保つためには、汚れを浮かせて落とす事が鉄則です。

歯を白くするためには、ステインが歯に付着しないように、毎日のケアが必須です。ステインの付着を予防する成分が、配合されているものを選ぶ必要があります。リンゴ酸など、歯を白くするだけでなく、歯をコーティングし、汚れの再付着を予防してくれるものがおすすめです。

虫歯になると、酸によって歯の表面が溶けてしまいます。表面の傷から汚れが侵入し、黄ばみやすくなります。虫歯を防ぐケアをすることで、歯を守るとともに、歯が黄ばみにくくなります。GTOなど、虫歯を予防する成分が、配合されているものを選びましょう。歯茎もケアできる成分も配合されていると、より一層、口腔内の健康を保つことができます。白い歯と、健康な歯と歯茎で、笑顔の印象が変わってきます。口腔内を健やかに保つ事で、他の発病リスクも軽減できます。